スカルプチュアネイルとは

自爪に合わせて作る自然な仕上がりの人口爪

爪の長さを出したい方に

スカルプチュアネイルは、いわゆる人口爪のことです。爪が弱くてなかなか爪を伸ばすことができなかったり、仕事の都合などで自爪を長く伸ばしておくことができないという人でも簡単に長い爪を作ることができるため人気の方法です。

スカルプチュアネイルは、人口爪という意味の言葉なのですが、一般的にネイルをする際にスカルプチュアネイルといった場合にはアクリルネイルのことを指しています。このアクリルネイルは、ミクスチャーというアクリルリキッドとアクリルパウダーを混ぜ合わせたものを使って、人工的に爪の形を作っていくことができます。アクリルリキッドとアクリルパウダーを混ぜ合わせたものは、ドロっとしたクリーム状なのですが、これは時間を置くと自然に硬化していくため、固めたところをファイルで削り、爪の形に整えていくことができます。

スカルプチュアネイルの施術をする場合には、爪全体をミクスチャーを使って整えていくベーシックスカルプチュアという方法と、爪の先端はネイルチップを装着し、その補強としてミクスチャーを使っていくチップオーバーレイという方法があります。自分で施術をする場合にはチップオーバーレイの施術をする人も多いのですが、ネイルサロンなどで施術をしてもらう場合にはほとんどの場合でベーシックスカルプチュアによって爪の形を整えてくれるところが多いかと思います。

スカルプチュアネイルの人気の秘密は、やはり自分の爪で出すのは難しいような爪のデザインをすることができることです。さまざまな事情で爪を伸ばすことがでいない人でも、爪のおしゃれを楽しみたい時にだけ簡単に爪をデザインしていけるのはメリットです。アクリルパウダーはカラーも豊富で、さまざまなデザインを作り出せます。

最近ではジェルネイルの人気が高まって、スカルプチュアネイルは以前ほどの人気をなくしていますが、ジェルに比べても強度はスカルプチュアネイルの方が高く、自爪の長さがない状態から爪をきれいにデザインしたいような場合にはスカルプチュアネイルを使った方が強度が高くきれいに仕上げることができます。

しかし、強度が高い分、爪に負担をかけてしまう方法でもあるため、スカルプチュアネイルを利用する場合には、爪の状態に気をつけることも大切です。

スカルプチュアネイルは自然に装着するために、装着前に自爪を削ります。そのため爪が薄くなりますので、当然爪は弱くなります。また、外す際にも強い薬品を使うため、肌にも負担がかかり、合わない人では肌が荒れてしまうこともあります。そのため、スカルプチュエアネイルを装着する際には、爪や肌の状態と相談してから利用することをおすすめします。スカルプチュアネイルを専用の薬品を使ったりネイルサロンに行くことなく自分で剥がしてしまう人がいますが、これは一番爪に対して負担がかかり絶対にやってはいけません。

スカルプチュアネイルはメリットもありますが、爪の状態によっては施術ができない場合もありますので、爪のコンディションやどんなデザインにしたいのかというケースに合わせて利用するネイルの方法を選んでいただければと思います。