リペアとは

折れた爪を補強したり長さを整える

爪のお直し

爪はそんなに強いものではありません。そのため、きれいに伸ばしていたつもりが割れてしまったり、折れてしまったりということはよくあるトラブルです。しかし、せっかくきれいに伸ばしていた爪を一本だけ短くするのは見た目がよくありませんし、だからといって全部を折れてしまった爪の長さまで切りそろえるというのも、きれいに伸ばした苦労を思えば悲しいものがあります。

そこで、そんな時に便利なのがネイルリペアなのです。

ネイルリペアとは、爪を補強したり折れた部分を修復したりすることなのですが、これによって折れたり割れたりした部分を一時的に補って、問題が起きた場所を切ってしまった差も支えがない長さになるまでサポートすることができます。

もともと爪が折れやすかったり、欠けやすいという人は、あらかじめジェルなどを使って補強をしておくこともできますが、折れたりかけたりしてしまった後からでもジェルなどを塗って補強することが可能です。
一部分が欠けたり、半分折れてしまったというような状態の場合には、基本的には自分の爪を使ってリペアを行いますが、完全に折れてしまっている場合や、長さが足りなくなってしまったいるような箇所にはネイルチップを使って補強をする場合もあります。

補強するといっても、ジェルで補強した部分の爪が再生するというわけではありません。リペアは、あくまでトラブルを起こした箇所を切ってしまえるまでの時間稼ぎです。ジェルなどを塗布することで爪の強度は増しますので、トラブルが起きた箇所が伸びて他の爪の長さと揃うまではリペアによって補強をし、十分な長さになったら切ってしまえば、伸びるのを待つ間に見栄えの美しさを損なうことなくネイルを楽しむことができるのです。

リペアは個人での行えるようなリペアグッズも販売されていますが、個人で行う場合には強度はそれほど期待できないかと思いますので、爪をきれいに伸ばしたいと思うならばネイルサロンなどでしっかりとリペアをしてもらうといいでしょう。