フットの角質手入れ方法

美しい素足と健康のために

自宅でも手軽に

足の角質は、放っておくとすぐにたまってしまいます。足の角質がたまっていると素足が美しくないだけではなく、健康にも悪影響を与えるといわれています。また、足の角質は足の匂いの原因になってしまうこともありますので、美しい素足のためにも健康のためにも、足の角質のケアは適切に行っておきたいところです。

角質のケアはサロンなどでプロにケアをしてもらうという方法もあります。足のマッサージとあわせて角質をケアしてくれるフットマッサージサロンなどもありますので、こうしたところを利用するのも非常におすすめなのですが、できれば自宅でケアをしたいという人も多いかと思いますので、ここでは自宅でできる足の角質ケアの方法についてご説明します。

足の角質をケアする方法は、大きくわけて二つあります。まず、削って落とす方法、もう一つが専用の薬品を使って剥がして落とす方法です。

削って落とす方法についてですが、この方法は短時間で簡単にケアができるメリットがあります。
方法は、

  1. フットバスやお風呂などで足をお湯で温めて、足の角質を十分にふやかしてからケアをするのポイントです。
  2. 足の角質専用のヤスリや、スティックタイプで足の角質を削り取るようなタイプのものもあり、色々な形状のものがありますので、使いやすいものをお好みで選んで使うといいでしょう。
  3. 角質を削った後には、削った部分が乾燥しやすくなりますのでクリームなどで必ず保湿をおこなってください。

お風呂に入るときに毎日のケアの一つとして、など手軽にケアができるのですが、一方で角質を削りすぎてしまったために足に傷をつくってしまったり、歩くときに痛みがでてしまったりというトラブルも起こりやすく、角質をどこまで削ればいいかというところには慣れも必要になるのが、この削って落とす方法です。

もう一方の専用の薬品を使って剥がして落とす方法についてですが、ドラックストアなどでいくつかのタイプが販売されています。商品によって方法は若干異なりますが、専用の薬品に一定時間足を浸しておくだけというものです。角質はその場で剥がれ落ちるのではなく、使用してから1週間から2週間の時間をかけて徐々に剥がれ落ちて、一定期間が経過すると角質のないつるつるとして足になることができます。

この剥がして落とす方法は、削る方法にくらべて角質を取りすぎたということにはなりませんので、安心なのですが、一定期間角質がボロボロと剥がれ落ちてくることになりますので、その間の処理が面倒だという人もいます。ただ、一度行えば角質がある程度まとめて剥がれ落ちますので、しばらくはケアの必要がないというメリットもあります。

削るのか、剥がすのか、角質のたまっている度合いや生活環境によってどちらがいいかは違ってくると思いますので、自分にあった方法で角質のケアを行ってください。