ハンドケア方法

きれいなネイルのために手のお手入れも意識しましょう

冬だけじゃない手のお手入れ

ネイルにこだわるならば、ネイルのデザインだけではなく手の美しさというところにも気を配りたいというのが女性の心理です。ネイルがいくらきれいに施されていても、手がボロボロでは台無しになってしまいます。また、手というのは年齢が現れやすい部分でもありますから、しっかりとケアをして美しい手を保っていたいですね。

では、日ごろのハンドケアとはいったい何をしたらよいでしょうか?ここでは日常生活の中でのハンドケア方法についてご紹介をしたいと思います。

女性であれば顔のケアというのは思春期のころには行っていたという人も多いでしょうが、ハンドケアとなると若い頃には気にもとめていなかったという人も多いことと思います。そのため、いざハンドケアをと思ってもどのようにケアをしたものか悩んでしまう人が多いようなのです。

日常的なハンドケアは、そんなに難しいことをしなくてもちょっと気をつけてケアをすることでできます。まずは、できるだけ手に刺激を与えないように気をつけることです。

女性はどうしても家事のために、洗剤などに手をさらす機会が多いと思うのですが、ハンドケアのためにはゴム手袋を着用するなど、できるだけ刺激から手を守ってあげることが必要です。ついつい面倒で素手でやってしまうという人は多いかと思いますが、ハンドケアのことを考えるならば面倒と思わずに手を保護することを第一に考えて手袋を着用してみてください。水仕事をした後には手を濡れたままにせずに、しっかりと水分をふき取ることも大切です。水分をしっかりふき取らないと、手を乾燥させてしまう原因になります。

ハンドクリームなどによるケアも欠かせません。ハンドクリームでケアをするタイミングは寝る前に、夜には必ずケアをしてほしいことと、お出かけ前など気づいた時にはこまめにクリームをつけて、手の乾燥を防ぐケアをしていただきたいと思います。

なかにはハンドクリームで手がベタつく感じが苦手という人もいるかもしれませんが、そういう場合には、夜のケアで使うものと日中使うものを使い分けるのもポイントです。夜は多少ベタついても保湿性の高いもの、日中は使い心地の軽いものを選ぶようにすれば違和感なく利用できることと思います。

また、ケアのポイントの一つですが、夜のハンドケアは顔などのスキンケアの後に行うといいでしょう。顔につけた化粧水などの基礎化粧品を顔につけるのと同時に手にもなじませることでハンドケアにもつながります。またそれが導入化粧品となってハンドクリームの浸透を高めてくれる効果も期待できます。

ハンドクリームの種類は、クリームタイプ、ジェルタイプ、ローションタプなど色々ありますし、香りや成分も色々です。保湿がメインのものもあれば、尿素を配合したもの、UVカット効果があるものもあります。季節やお好みに合わせて、好きなものを使ってみるといいでしょう。冬は保湿がメインになるかと思いますし、夏はUVカットというところを重視するといいでしょう。

ハンドケアは冬だけのものと考えている人もいるかもしれませんが、夏にも紫外線によるダメージへのケアが必要ですし、ハンドケアは一年を通して行うものです。

水仕事などの際にハンドケアを意識した簡単なことに注意をして、こまめにケアをする習慣を身につけてみてください。

手のケアも大切ですが、顔などの肌ケアも大事です。

美容外科・美容皮膚科は新宿美容外科クリニック