爪のケア方法

肌のケアと同じように保湿と乾燥を防いで美しい自爪に

オイルで保湿

美しいネイルを楽しみたいと思うならば、爪のケアというのは欠かせません。爪が痛んでしまっている状態では美しいネイルはできませんし、爪の状態によってはネイルの施術自体ができないということもあるからです。美しいネイルを作るには、まずは自爪を美しい状態にしておくことも大切ということです。

しかし、爪のケアを日常的に行っているという人は決して多くないのではないでしょうか?ここでは、美しい自爪を作るための爪のケア方法についてご紹介したいと思います。

爪のケアというと、爪きり、爪磨きというものを思い浮かべる人は多いと思います。しかし、爪のケアというのは肌のケアをするのと同じように、保湿をして乾燥を防いだりということも大切なケアの一つなのです。

ケア方法の一つとしてオススメなのが、爪専用のオイルを使ってケアをする方法です。

爪は肌と同じように乾燥します。そして、乾燥してしまった爪というのはひび割れてしまったり二枚爪になってしまう場合もありますので、爪を保湿することは大切な爪のケアの一つなのです。

爪用のオイルは、爪を保湿するためには非常に優秀な効果がありますので、毎日爪に塗って保湿を心がけてください。オイルには香りつきのものなどもあり、好きな香りのものを選んで使えば楽しくケアが続けられることと思います。

あとは、爪切りや爪の形を整える際に、できるだけ爪切りを使わずにヤスリを使ってケアとするようにすることもポイントです。爪切りは爪にヒビを入れてしまうことがありますので、爪のためには面倒でも少しずつヤスリを使って削っていく方がやさしい方法なのです。

マニキュアを塗る時にはベースコートを塗って爪をできるだけ保護してあげることと、リムーバー使う回数を極力減らしてあげることで爪への負担が軽減できます。爪に優しいネイルを選んで使用してあげることも大切な爪のケアの一つです。

いつでもネイルを楽しんで、美しい爪でいるために、爪もしっかりとケアをしてあげましょう。